ヴェルディ・スイート

部屋には当時の煙突と、家具、寝室、それに2つの浴槽があり、広く明るい部屋に仕上げられています。スイートは最近修復され、かつてのものより優雅になっています。寝室と居間は離れていて、ヴェルディの部屋は素晴らしい時代の環境に変わります。洗礼されたレトロな空間で、滞在、レセプション、業務会議に最適です。

特別室はジ 105および106

グランド・ホテルエドゥミランの特別室はジュゼッペ・ヴェルディのための部屋です。彼の都市生活を静かに、Sant’ Agataにおける彼のカントリーハウス生活をよりくつろげるものにするために、巨匠はかつて「Albergo di Milano」と呼ばれたスイート105号室に滞在することに決めました。その数年間、巨匠はオセロで働きました。彼は初演時に、敬慕する群衆から喝采を送られ、オペラのアリアを歌うテノールのタマーニョと一緒に彼の部屋のバルコニーに出なければなりませんでした。 数年後、ミラノの人々は同じ崇敬の念を表しました。1901年1月27日に最終的にヴェルディを死に追いやった病気の進展に気を遣うよう、彼らはホテルの支配人に頼みました。ジュゼッペ・ヴェルディのひ孫、Gaia Maschi Orlandi Barezziは構造上の環境がどうだったのかを語ります。ゆったりと広く、巨匠のインスピレーションのために完璧であり、優雅さが備わっており、ピアノ、支柱、部屋の魂はこの場所にぴったりで、実質的であったと語っています。
Camere e Suite
控えめで優雅なグランド・ホテルエドゥミランのインテリアは独特のムードでお客様の心を射止めます。部屋には、今は歴史の一部となった高級なオブジェと家具がたくさんあります。部屋は寄木張りの床、および広い浴室を飾るイタリアの大理石彫刻はもちろん、家具も細部も昔のままです。 72室と23室のスイートとジュニアスイートがあり、異なるタイプのお部屋をご提供します。
Grand Hotel et de Milan camere dedicate
数年にわたりグランド・ホテルエドゥミランを「ミラノの家」としてお選びくださっておられる貴賓のご旅行は、専用のスイートによっておもてなしいたします。それらの各部屋は、選り抜きのオブジェ、写真、自筆文書、記念品が特徴です。それらはその方が所有しておられたものか、彼/彼女の人生に起因するものです。ジュゼッペ・ヴェルディ、ガブリエーレ・ダンヌンツィオ、マリア・カラス、ジョルジョ・ストレーレル、エンリコ・カルーソは、スイートとジュニアスイートは、その後にその人の名をとって名づけられた有名人の一部にすぎません。