レストラン・アンド・バー・カルーソ

心地よい「ジャルダン・ディヴェール」が流れるカルーソー・バーは、従来のミラノ料理を現代の秘訣で再解釈した料理を提供します。小さなスクエアの青々とした環境に置かれた快適なベランダには、年代物の家具が現代の要素と「共生」して、時間を超越した雰囲気を作り、パリのビストロの1つを呼び起こします。2011年の初めにレストランのホール内が改装されました。2レベルで構成される内部構造、柱頭が装飾された柱、それに1920年代の貴重なムラノシャンデリアを、なんとしてもそのままにしました。
家具はグランド・ホテルエドゥミランの在庫と、即興でデザインしたものの融合です。これらがうっとりさせる1920年代、1930年代の魅力的な環境を造っています。カルーソー・バーの特徴は、多面的な魂と食べ物、飲み物、それに会話の楽しみが融合する洗練されたダイニングルームです。朝食ルームからレストラン、バー、ビストロに変わります。
Ristorante Don Carlos
ドン・カルロスは20年以上もグランド・ホテルエドゥミランに滞在していたマスター、ジュゼッペ・ヴェルディに敬意を払います。 スカラ座ミュージアムからの絵、スケッチと背景画によって再構築され、居心地良く洗練されたセッティングで、アンティークのシルバーシャンデリアの下、ドン・カルロスはイタリア伝統料理をご提供します。
Gerry's bar con il suo american bar un dopo teatro ideale
控えめで、私的で、洗練されたミラノの中心のラウンジ。 お茶、食前酒、ランチ、ディナーに最適です。アメリカン・バーもあり、深夜まで開いている劇場後の憩いの場です。 最近改装され、その独特な雰囲気を保っています。たくさんの「都会の」常連が逃せない食前酒を求めて集います。